2008年08月18日

長く稼げるキーワードの探し方


グーグルアドセンスのやり方をまとめると、次の3つになります。


1.グーグルによる審査を通ってアカウントをとる

2.SEO対策を講じたキーワードでブログを作って、記事を書き続ける

3.キーワードにマッチした記事内容を充実させ、ブログを量産する


アカウントがとれれば、あとは、キーワード選びとブログの量産をしていきます。


ひたすら作業なんです。

はい、作業の繰り返しです。

「ほったらかし状態」になるまでは、実験、テスト、テストです。


では、ひとつづつまとめます。


1.グーグルによる審査を通ってアカウントをとる

グーグルアドセンスを利用するには、グーグルによる審査を通る必要があり、
この審査が比較的厳しいのがグーグルアドセンスの欠点だといえます。


グーグルアドセンスを始めたいけれど、審査になかなか通らないという
方も多いようです。


しかし、一般的な日記サイトであれば審査には通ります。

「ごく普通の、なんでもな〜い」日記です。


アドセンス申請用の日記サイトを作成するのもひとつの手でしょう。


ですから、この審査さえ通ってしまえばサイトに広告を表示させるだけで、
文字通りほったらかしの収入を見込めるのがグーグルアドセンスなのです。


「アドセンスの公式」でも書いたように、広告をはった自分のサイトに、
アクセスを集める、広告をクリックしてもらうことで収入を得ます。



2.SEO対策を講じたキーワードでブログを作って、記事を書き続ける


アドセンスの集客は、主に検索エンジンから行ないます。


気をつけなければならないのは、ただアクセスを集めればいいわけでは
無い、ということです。

インターネットを使って検索する人がいる限り、検索エンジンを利用して
訪問者がやってきます。


つまり集客を検索エンジン任せにできるのです。

呼び込みは必要ありません。

欲しい情報を得るために、欲しい人が集まってきます。


ですから、キーワードを組み込んだ情報を提供することによって、
ほったらかしの収入、不労所得になりえるのです。


このキーワード探しですが、長く稼げるキーワードの探し方には、
ある程度の経験とコツが必要です。

しかし、3つのポイントさえクリアできれば簡単です。


「基本的なキーワードの選び方」

1.上位表示しやすいこと

  ヤフカテ登録サイトが少ない、ライバルのページランクが低いなど

2.月間検索数が1000〜70万件あるもの

  そのキーワードで検索して、月間検索数を調べます

4.スポンサー数が多いこと

  アドワーズかオーバーチュアかの、どちらかが6以上あるもの


3.キーワードにマッチした記事内容を充実させ、ブログを量産する


同じような収入を生み出すサイト(ブログ)が作れたら、同じ要領で
ブログをいくつも作ることで、稼ぐ金額を増やすことができます。

ですから、後は、ひたすら作業をすることになります。


例えば、10ページのサイトを1個作るよりも、1ページのサイトを
10個作った方が効果的です。

そのサイトに集客力があれば、広告をクリックしてもらう確率も高くなります。

ブログを量産する意味は、そこにあるのです。
posted by スーパーアフィリエイター at 12:23| アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。