2006年10月20日

情報商材のネタを、そっくりそのまま あなたに差しあげましょう!!

ネットで情報商材を売ろうとする場合は、仕入れや在庫はないといってもいいですから、仮に失敗しても、リスクはありません。

 失敗したら、また再チャレンジできます。

 ですから、あとは「やるか、やらないか」なのです。


 しかし、この言葉をあまりにも重く受け止めるあまり、
 「情報起業でがんばりたい!」
 と真剣に思っているにも関わらず、ガンガン売れるような商材が見つからず、
 まったく何も行動できずに終わってしまう人がものすごく多いのも事実です。


 それでは、売れる商材を見つけるには、どうすればいいのか?


 売れる商材なのか売れない商材なのかを見極めるための1つの判断基準
 として、こちらのサイトが参考になります。

 「インフォストア」
 
 「インフォカート」
 

 インフォストアとインフォカートの上位100位程度をずっと見ていくと、「商材のテーマ」が見つかります。


 ちなみに順位は、インフォストアもインフォカートも毎日ドンドン自動更新されていきますので、1位が日替わりになったりもします。

 この2つは、情報商材では有名なASPですから、これなら自分にも分かるという人は多いでしょう。


 実は、この他にも、商材作成をする場合には見逃せないサイトがたくさんあります。

 これらのサイトには、商材のネタになる情報が山のようにあります。
 まさに、お宝の山です。

 だって、人がお金を払ってまで欲しい情報というものが、どんなものなのかが良く分かりますからね。

 まさしく、情報起業するにあたって、売るネタを決めるときに参考にするには、うってつけなんです。

 売れるネタがそこら中にゴロゴロ転がっています。



 では、実際に商材を作ってみますね。


 1.このサイトを見れば、●●●という人が多いのが分かります。

 2. そこで、●●●●を探します。

 3.次に、●●●を付け加えていきます。

 4.あとは、作文を書いて、商材として完成です。


 以上です。
 簡単ですね。

 ●●●は、直接商材名に関することなのでお許しください。


 「え!?まだ売れるネタが見つかりそうな気がしない?」

 う〜ん。仕方ないですね。


 じゃあ、●●●のネタと●●●のネタをあなたに差しあげましょう!!
 これでネタがないとは、もう言わせませんよ。


 また、●●●を使ってしまいました。

 だって、それを書いてしまうと、すぐに「売れる商材」ができてしまいます。


 ここは、まさに売れるネタの宝庫ですから、あなたもこのサイトで探して、必ず売れるネタを見つけてください。


 また、もしあなたが、「こんなネタがあるんだけど、本当に売れるのかな?」と、どうしても心配な場合は、相談窓口まで用意してあります。


 そこまで、親切なマニュアルがこれです。


 『パソコン初心者が月50万稼ぐ!田井孝宗の情報起業完全マニュアル 』
 
 これがあれば、他の商材は必要ありません!

 この商材の最大の売りですが・・・・・・


 ずばり!!【返金保証】です。

 あなたには何のリスクもないのです。

posted by スーパーアフィリエイター at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。